保坂学のだらだらブログ

真剣にやるつもり!手を繋いでいこう!保坂学と耕司の保坂兄弟!気が向いたらポッ更新してます

保坂耕司の事実を語ります


弟の保坂耕司の事を話します。


彼は株式会社PLUSの副社長です。

その会社は兄の保坂学が経営しています。


保坂耕司はブラジルにスポーツ留学し、兄の学はアメリカの大学に留学し経済や経営学を学び、若い頃は二人共、海外に居住していてお互いに会う機会も少なく過ごしました。


彼は幼少から運動神経が良く、スポーツに情熱を注ぎ込み、遊び盛りの学生時代も練習に明け暮れました。遂にはブラジルのプロサッカー選手になりました。


彼はワールドスタンダードのテクニックを身に纏う為、サッカー王国のブラジルに単身で乗り込み、セレクションテストを受けて合格し、サンパウロやイタペチニンガの2部リーグで活躍していました。


日本に帰国してサッカー選手は引退して、株式会社PLUSに就職する事になりました。


彼はブラジルの劣悪な環境下で得た経験により、ストイックな精神力とラテン気質な熱情を、仕事に昇華して、今のビジネススタイルを確立しました。


彼のストイックなスポーツ精神論は、スポーツ選手だけでなく、仕事にも活用できる多様性があり、自己の問題を分析して、問題を修正しながら自分のポテンシャルを最高の状態で引き出す姿が記憶に残っています。


例えると、株式会社PLUSではインターネット事業の新規事業を立ち上げたばかりで、キーボードの文字打ち込みやエクセル業務は必須事項でした。


彼はパソコン知識がゼロと言っていい程度のスキルで、パソコンも初めて触る状態でしたが、1ヶ月後には軽快に文字を打ち込み、僕より早いブラインドタッチで業務をこなしていました。


彼は目標を達成するまで、しっかりとステップを踏み、無理難題であった物事が、実現可能な物事になるまで取り組み、事業推進までさせる完璧主義で、目的に辿り着くまで労力を惜しまない事や、それを理解しながら推進し続ける事は簡単ではなく、僕には無い素晴らしい才覚があります。


「天才は1%の才能と99%の努力」とは言ったもので、彼は雨の日ですら走り込みを怠らず、日夜鍛錬を積み、プロ選手になると決意したら、単身でブラジルに乗り込み、サッカー本場のブラジルで2部リーグのプロ選手にまでなり夢や目標を叶えました。


今となって保坂耕司の存在は、僕の人生において、大切な家族でありますが、その他に仕事でも必要不可欠な人間となりました。


会社の従業員も20名を越えて、そこそこの規模に成長した頃に、僕の気持ちや考えてる思想を保坂耕司に話しました。


「スタッフの夢とやりたい仕事の夢を叶えよう」


僕を信じてくれたスタッフの未来展望のために、福利厚生も兼ねるような、彼らの夢を叶えたいというを話しました。


彼はその思想に賛同して、自分の利益は後回しで、従業員の夢を形にする為に懸命に働きました。


「飲食経営が夢です。」と赤裸々に語った数人の社員の夢を叶える為に、飲食店をオープンしましたが、その社員達は飲食業の大変さに臆して軌道に乗る前に辞め、その他スタッフの為の夢を描いた事業でも横領されたり、内外部を含め信用していた沢山の人から裏切られました。


人の夢を履行して理解したのは、スタッフ達の語る夢と希望は、ただやってみたいという軽い気持ちである事に保坂耕司は気付きました。


保坂兄弟は、真っ直ぐに従業員を信じ過ぎ裏切られ、途中半ばで辞めてしまった人達の夢の後始末に、沢山の資金と労力を費やしました。


人を信用するリスクや裏切りで本当の強さを知り、信頼出来る相手なのか判断する能力を得る事で、周囲から下等な人間が徐々に消え、現在は素敵な人間性や人格を持った方々や仲間と出会い、心置きなく仕事に取り組めています。


お互いの人生が表裏一体の保坂兄弟は、株式会社PLUSを邁進するため、貿易事業を軸にする事を決めました。


外資企業は会社の大小は関係なく取引が対等に出来る基盤が整っているので、大手企業がてこずるビジネスに中小企業の未来があり、遂に時間をかけた大事業の成功というより大成功が目前にあり安堵しています。


会社の存続も危うかった頃もあり、紆余曲折がありながらも、僕の側でずっと支えてくれている、彼の努力や本当の優しさが、人間の考え方として正しいモノにする為にも、この仕事は人生を賭けて絶対に成功させるつもりです。


彼は絶対に僕にとって

大切な家族の弟であり

仕事のパートナーであり

一蓮托生の僕の分身です。


彼の輝かしい未来を描いていて、今後のビジネス展開で躍進する彼の姿が楽しみです。





株式会社PLUS

代表取締役社長 保坂学



#保坂耕司 #保坂学 #保坂兄弟 #株式会社PLUS #本当の強さ #本当の優しさ #兄弟愛

バンコクの警察官にパトカーに隔離され空港 逮捕?  保坂兄弟(保坂学と耕司)のタイ旅行part4


こんにちは

保坂兄弟の兄の保坂学です。


弟の保坂耕司と世田谷ハウスが並ぶ都市から脱出し、アジア拠点の候補であるタイ・バンコクに、今後の動向を考え現地調査していました。


連載タイ旅行シリーズは今回で完結です。

今回のは予想外の出来事が凄いですよ!

僕なりにタイ・バンコクの魅力を書いたので、お時間がある方は是非!


1

https://manabuhosaka.muragon.com/entry/24.html

2

https://manabuhosaka.muragon.com/entry/25.html

3

https://manabuhosaka.muragon.com/entry/26.html



こんな未知なる事があるなんてアジア最高!ってバンコク旅の帰りに歓喜の声をあげるなんて思いもしなかったな。


アジアって何が起こるか分からない!ってこんな事ですね。


この帰国日程は、タイ・バンコクの旅の最終日になり、次の予定もあり、延泊出来ずに帰国するしかありませんでした。


旅のエピローグに近付いてくると、時間が気になって来ますよね。


僕は時刻に追われるのは嫌いなので、要領良く早めの帰り仕度をしてると、何故か理解出来ない事が、モノも買っていないのに、行きより荷物が収まりが悪く、どうしてだろ?とか心中が声に出しながら収納してます。


仲の良い友達の会長とビジネストークも終わり談話していると


「帰り道は送迎を呼んであるから、準備出来たら呼ぶので、のんびりして」と言われました。


それから帰国間際に発症する「帰りたくない病」に罹り、やだなやだな寂しいなと思いながら、決まってしまっている事を自分が納得する為、コーヒーと煙草を嗜みました。


そしていつも通りフライトの2時間半ほど前のギリギリにの時刻に帰路を決意し、慣れ親しんだ部屋に「ありがとうございました」と言い部屋を出て、廊下の奥にあるエレベーターに乗り、静かに斜め上の階数表示を見ながら降り、ロビー階のエレベータードアが開いた目の前には、大人数の警察官やパトカーがいて、これは絶対に事件あったなと思いました。


トラブルは避けようと、ポリスの近くから離れようとしていたら、案の定ポリスに声をかけられ、僕は何にもしてないと思いつつ、ここはアジアだし拘束されたら何があるか分からないと、怯みながら会話していると、彼らは僕を空港まで護衛する為にパトカーで迎えにきてくれたそうです。


友人の会長は、その様子を意地悪そうに見ながら、ニヤニヤ笑い、「バンコクは僕がいるから、いつでも帰っておいで!」と手を振り表のゲートまで歓送してくれました。


https://youtube.com/shorts/h_SK9WTFLaE?feature=share


警察官にパトカーで連行されるなんて、逮捕されたり起訴の他にもあるんだなと、人生は驚きの連続だ!と思い旅の思いにふけていたら、パトカーや白バイは赤灯を回して発進し、空港までの帰路を重要な要人として、警備わ先導して頂きながら出発しました。


この重要な要人扱いは気持ちよかったからクセになりそうですね。


僕はワンパクな子供みたいに「警察官だ、パトカーだ、白バイだ、VIPだ」とやたら興奮をしながら、「普通の人は体験できない新型のインスタ映え!」なんて戯れ写真や動画を撮っていたら、信号も渋滞も完全無視なので、ものの数十分程度で空港に到着しました。




白バイ、パトカーや警察官の先導なんて、人生で初体験でした。


通常なら逮捕か起訴された時しか乗る事は無いでしょうし、パトカーにもっと長く乗りたいと思う事も一生ないと思い、正反対の物事に奮起し発狂しました!


しかも空港に着いてからも警護は続き、ポリスが僕の荷物を持ち、空港のイミグレーションで待たない様にと、並んでいる人達を掻き分けて、出国スタンプ目の前の最前列に先導され、そのままVIP・要人扱いでフライト出来ました!


僕のように波瀾万丈で破天荒な生き方してると、良かれ悪かれ両方の事が起こりますが、今までの人生を振り返ってみると、圧倒的に良い事の方が多く、僕みたいな常人からかけ離れた紆余曲折でスペシャルな人生もあるし、自分の生き方、友情、人脈、行動に誇りを持つ事ができ、人の愛に恵まれてると心底感じました。



ちなみにアジアの警察官でも、普通にしていれば、何もしてない人に、ほとんど職務質問しないし、日本の様な出世の得点稼ぎの為に、一般市民虐める様な警察とは、根本的に違うとも思ったし、アジアのポリスは関係者や味方になると、今回の様に晴々しいVIP待遇や優遇もあります。


次回に訪問するバンコク旅行もビジネス的にも次のステップになりそうだし、今から冒険が始まる気分になり、今後のアジア展開に期待しました!


是非皆さん一緒に世界に飛び出そう!



#警察の先導 #タイ #バンコク #白バイ先導 #パトカー先導 #これが本当のVIP待遇  #世田谷ハウス #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司 #株式会社PLUS

翡翠色のガラス塔 ワットパクナム 保坂兄弟(保坂学と耕司)のタイ旅行part3


こんにちは

保坂兄弟の兄の保坂学です。


近隣とビタビタに世田谷ハウスが並ぶ東京は、保坂兄弟は自分達に合っていないと、拠点探しの候補は発展が目覚ましく広いアジア圏を、弟の耕司と考えています。


今回は前回からの続き、連載タイ旅行シリーズなので、暇な時間があれば読んでみてください。


1

https://plaza.rakuten.co.jp/manabuhosaka/diary/202110170001/

2

https://plaza.rakuten.co.jp/manabuhosaka/diary/202110180000/



星の数ほど海外に行ったり住んでいましたが、次のバンコクおすすめ観光地は、僕が胸の奥や頭の片隅にあり、今も霞んでいないスポットです。


ワット パクナム パーシーチャルーン

(Wat Paknam Bhasicharoen)


ワットパクナムは大理石の敷かれてる広場に囲まれた大きな白い塔で、最上階に登ると、緑より薄い翡翠色のガラスで造られた仏塔と、半円型のドームに惑星や宇宙を彷彿させる様な仏伝図が描かれ、ガラス塔の造形美や彩色が美しく、集中して魅入ってしまいます。


画質が悪い過去の写真でも、加工なしで下のビジュアルが撮れるので、現行のカメラやiphoneを使えば、鮮明な色彩になると思いますよ。




神々しくオーラを放つガラス製の仏舎利塔は、緑ガラス仏塔とニックネームで親しまれ、最上階の頭上に描かれている天井画は、直接自分の目で見なければ、全く違う色彩やオーラを放つ存在感で、直に行くと、この場所がもの凄いパワースポットである事が感覚で理解出来ます。



近年では、ワットパクナム方向の旅行者が増加して、インスタ映えを狙った観光客が、有名になったこの緑ガラス仏塔の神々しく神秘的なオーラに惹かれて来ています。


僕が初めてワットパクナムに訪問した頃、周辺に旅行者を見かける事は余り無いらしく、近隣の方に何でこんな所まで来たの?と興味を持たれ驚かれました。


ワットパクナムの入場口を探す時に、皆さん絶対にやってしまう注意点があり、一本路地に入るのですが、その曲がり角は目印も無く、変哲無い壁の脇にある細道で、その更に奥に進んだ路地裏に寺院はあり、一見普通に人の所有地だと思い、知らぬ間に通り過ぎてしまうので良く見ていて下さいね。


https://youtube.com/shorts/nUL4Pn565IQ?feature=share


この著名になったワットパクナムの薄い緑色のガラス仏塔は、塔の最上階にあり1階から4階までは下記のフロアになっていますので、最上階に上がる前にチェックしておけば、興味ある施設だけピックアップ出来るので楽ですよ。


1階 美術館

2階 メディテーションルーム

3階 美術館

4階 金色のアンポーソッド像とマスターズ像

5階 ブッダの遺物とガラス塔


僕は古美術の理解出来なかったけど、特殊な宝があると思いますし、無料なので古美術や骨董品に興味がある人は見学して損はないと思います。


この施設はバンコク市街地から、往復3時間以上の距離があるので、緑ガラス仏塔だけの観光に来るには、移動距離や時間が流石に勿体ないと思いますので、近隣に小さな村があり、商店や露店が並んでいたりするかので、村をチラッと探索するのも良いですよ。




#ワットパクナム #インスタ映え #タイ #バンコク  #世田谷ハウス #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司#株式会社PLUS